アダムが耕し、イヴが紡いだときという言い回

Writer: admin Type: booksonline Date: 2019-03-07 00:00
アダムが耕し、イヴが紡いだときという言い回しがありますが、アダムは何を耕したのですか?イヴは何を紡いでしたのか?共感した0###知識の木の実を食べる以前から、アダムはエデンの園を耕すという仕事を与えられていました。「主なる神は人を連れて来て、エデンの園に住まわせ、人がそこを耕し、守るようにされた。」 創世記 2:15ナイス0
###誰が言ってるのか知らないけど、アダムとイブがいた時と言うのは、キリスト教の童話とは全く違う古代文明が成立していた時代なので、当然男は田を耕し、女は糸を紡いでいたともいます。それを知って言われた言葉かどうかは判りません。キリスト教の童話はそれ検証するに耐える様な童話じゃないです。ナイス0
###二人は神の言いつけに反し、知恵の木の実を食べてしまったがゆえに、楽園であるエデンの園から追放され、アダムは額に汗して家族を養うために働かねばならなくなり、イヴは苦しみながら子を産んで、その子を守り育てねばならなくなった。アダムは耕して麦をつくりイチジクやブドウをを育て、イヴは糸をつむいで布と成し、それで衣服を作ることになった、ということ。一方この表現は、ヒトが自給自足で生きていた太古の昔と言う意味であり、ワット・タイラーの乱という農民戦争の時に、その指導者の一人ジョン・ポールが言った、「アダムが耕しイブが紡いでいた時、誰が領主だったろう」という反乱のスローガンの言葉ですね。領主と言う身分は、神の定めたものではなく、人が定めた者に過ぎないという領主権の否定なんですね、この言葉は。ナイス0

 

TAG