天動説も正しい

Writer: admin Type: booksonline Date: 2019-03-07 00:00
天動説も正しい地球からみたら太陽は地球の周りを動いてるんだから天動説も正しいんじゃないんですか?太陽が静止していると考えるのはいいですが、相対的なことを考えたらどっちも正しいんじゃないんですか?共感した0###地球を原点に置いて、1AU離れたところに太陽を置いた場合、半年後、太陽はほとんど動かず、地球も原点から離れて太陽を挟んで反対側(原点から2AU離れた場所)に移動します。地球は太陽と比べてはるかに軽いので、太陽を中心に回ってしまうのです。以上、天動説終了をお知らせいたしました。ナイス0
###この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!###現代でわかってることで再解釈しても当時とは違うからしょうもない。昔は昔だ。ギリシャの昔から天動説も地動説もあった。だがどちらも万有引力は知らず、運動の法則で説明するのではなく、目に見える動きを幾何学の図形で近似することに終始した。そしてそれが幾何学と無限の近似の数学を発達させた。それによって微分幾何学の萌芽が生まれ発達したとき、始めて運動の法則の解析力学が発明され、天体運行の力学に応用されたのだ。それが本質だ。天動説が宗教によって支配者権力の権威付けに利用されたのはまた別の問題なのだ。ナイス0
###そう言えば何でも通るように思えます。電車に乗っていて、周りの景色が動いてますから、周りの景色が動いていて、電車は止まっているのではないでしょうか?という事も言えるかもしれません。観測技術が発達して、遠くが見えるので、判断の位置が違った所からも見えるようになっているので、それで言われている違いが出ます。電車が動いているのも、そこの外から見て分かったので、生まれてから電車に乗り続けていて、一度も外に出た事がない人が居たら、外の景色が動いていると思っているかもしれません。ところで私が似たような事で回答しているので参考に載せてみます。見る角度、位置とかそして解釈で色々判断が違って来ると思います。https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q132037501...ナイス0
###ぶっちゃっけドーデモよくない。ナイス0
###赤道上空に静止衛星を置くことができます。静止衛星は重力圏内の上空で止まって見えます。静止衛星がなぜ落ちてこないかを、地球上にいる人の立場で考えると、自分と一緒に回っていて遠心力を受けているからだと考えるべきでしょう。ナイス0
###>太陽が静止していると考えるのはいいですが、相対的なことを考えたらどっちも正しいんじゃないんですか? いいえ、力学的には正しくありません。回転は相対的ではありません。たとえば貴方が、観覧車に乗っていたとします。その観覧車が、ものすごい勢いで回転を始めたとします。するとどうなるでしょう?相対的だから、地上にいる人がどうかなりますか?回転するものには遠心力が働きます。ニュートン力学です。(もっとも最初に気づいたのはガリレオで、定式化したのはホイヘンスですが)その遠心力と引力とのバランスで、向心力力学が確立されました。そこから物理が飛躍的に発展したのです。もちろん天動説が好きでたまらないと言う趣味の話ならどうぞお好きにですが、それでは昔のままでしょう。人工衛星でどうのこうのという話もなくなります。最も人間にとってはそのほうがよいのかもしれませんが・・ケプラーちゃんの天動説に基づいた火星の軌跡図をお見せします。これから何が見えますか?私は、くるくる目が回って仕方ありません。ナイス0

 

TAG