音源の可逆圧縮のメリットとデメリットはなん

Writer: admin Type: booksonline Date: 2019-03-05 00:00
音源の可逆圧縮のメリットとデメリットはなんですか?共感した0###音源がリニアPCMなどの状態であれば3分の1程度まで縮小化できる可能性はあります。MP3などの変換済みの場合は1% ~ 5%程度しか縮小できません。圧縮すると逆にサイズが肥大化する場合もありますが, 極めて稀です。複数のファイルを1つのZIPなどに纏めてアーカイブ化すれば扱いは便利になりますが,万が一, そのファイルが解凍不可能な破損状態になると,全ファイルが全滅する危険性があります。圧縮済みのファイルは基本的に解凍しないと扱えません(ビューワー的なソフトは存在する。頻繁に扱うファイルを可逆圧縮すると, 使う度に解凍の手間と時間がかかるので無駄です。なお. 違法配信のファイルの殆どは, RAR / ZIPファイルです。つまり, 日常的なファイルの扱いを考えれば, メリットは殆どありません。強いて言えば, 複数のファイルを1つに纏めて相手に渡す場合に利便性が高い程度です。アップローダ経由なら, 1回のアップロード, 相手は1回のダウンロードで複数のファイルを入手可能なので手間が省けます。ナイス0
###この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!###◆メリット高音質。コピー、変換による音質の劣化がない。◆デメリットファイル容量が大きくなる。再生に対応しない機器がある。世間的には、デメリットの方が多いと考えられているため、出回っている音源の多くはAAC形式などの非可逆圧縮です。非可逆圧縮でも十分に音質が良く、可逆圧縮との違いが分からない人が圧倒的に多いことが、可逆圧縮があまり使われない理由だと思います。ナイス0
###メリット……無損失で圧縮できるデメリット…圧縮率が低いナイス0

 

TAG