弓道について質問です。

Writer: admin Type: booksonline Date: 2019-03-08 00:00
弓道について質問です。最近、大三から会にわたって、中指が親指の付け根に挟まれて痛いのですが、なぜなのでしょうか?写真は、中指です###手の内を整える時に親指が中指にかぶさっていて、そのまま大三で手の内を入れようとするので、親指で中指をつねっているのです。添付の図は今村鯉三郎範士著の「弓執る心」という本からですが、弓構えで手の内を整える時に、親指を最初から中指にかぶさらないように整えると大三を取る時に中指を親指で巻き込むことがありません。手の内の整え方で、手の内を小さく作らせるために中指に親指をかぶせるように指導する先生が多く、あなたもそのように指導されたのかも知れませんが、慣れないと中指を巻き込んでしまって痛めます。この弓執る心の中で今村先生はせっかくそうやって手の内を整えても、大三で親指を撥ね上げてしまっては意味がないとおっしゃっています。手の内は習熟に応じて上達していくものですので、今の段階では手の内を整える時に中指にかぶさらないように親指を整えると良いと思います。###この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!###正しいか手の内を行うことと、握りのあんこを工夫してはどうでしょう。私は靴に使うポリウレタンのクッションを使って見ました。なかなか良いです。ゴムやはがきといった従来の素材以外も試す価値はあります。ナイス0
###ネットで手の内を検索すると情報を集めることができます。例えば添付画像のように画像情報で手の内の研究や見取り稽古の代用もできますが、手の内は指導者の方に実際に射を見て貰って射型全体の改善と合わせて行うのが良いでしょう。質問のように手先、指先が気になると妻手や射型全体にも影響します。(1)中指先を親指で挟み込むのは親指を中指に大きく被せてしまうのが原因で、中指先と親指根本を離さないことで角見をより利かせることを目指している途上だからだと考えます。中指先を挟まないようにするには、先に書いたように弓構えで手の内を調えた際の親指の被せ方を浅くするか被せない形を試してみるのが良いでしょう。(2)しかし、中指先が痛くても角身を利かせたいと考えている現状では、手の内を握り込み過ぎていると考えられ、そちらの改善も合わせて行うべきです。手の内で最も固く、力が入るのは虎口や天文筋(小指)ですが、会で弓を押す感覚(弓の抵抗力を最も感じるの)は掌心です。弓を引く際に掌心は握り革と接触しませんが、虎口や天文筋が受ける弓の抵抗力、拇指球と掌根の寄せなどが総合的に集まり、握りに対して直角方向にあたかも掌心で押している感覚になるのが理想です。指先は緊張もなく柔らかで、角見のために虎口で握りを強く挟む感覚も不要です。文書にすると伝わりづらいので、指導者の方に丁寧に指導を受けるのが間違いが無く近道だと思います。

 

TAG