バドミントンのシングルの試合を見ました。相

Writer: admin Type: booksonline Date: 2019-03-05 00:00
バドミントンのシングルの試合を見ました。相手上手い選手になる程スマッシュが速くなるのでそれをレシーブするディフェンス力が必要です。レシーブ力を強化したいのですが、何をすればいいですか?構え方から教えてください。共感した0###シングルスのスマッシュレシーブは基本ラケットを当てにいくイメージです。ポイントは下記です。①前めのストレートよりに立つ。特にクロスは体より前でさばく →後ろの方が左右の取る範囲が広くなります。左右の端から端までを守るのは世界選手でも難しいです。(スマッシュが非常に速いのもありますが)②ラケット先行で取りに行く →まずは当てるだけ、ロングリターンは握り込みで打つ。足は体の流れで出します。③相手の球によっては諦める →ギリギリの球なんて連発で来ません。ギリギリに決まったらドンマイです。相手が前で打ってきたら、半分は捨てるくらいの意識で張ってもOKです以上を意識すればスマッシュレシーブが良くなると思いますよナイス0
###この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!###自分よりスマッシュがはやい人のレシーブをひたすらやるナイス0
###リアクションステップの着地の際、左右に大きく足を広げます。これで、コートの半分くらいは足を出さなくても届きます。重心が低くなるので、移動時の姿勢や視界も安定します。遠い球も足を出すというよりは腕や体を横に伸ばして当て、その後に遅れて足がついてくるというイメージです。ライン際はダイビングして床に手を付く場合もあります。練習方法は、トップ選手の動画を見てイメージをつかみます。そのレシーブ動作を真似て何度も繰り返し、自動化します。できればビデオ撮影し、トップ選手との違いを確認・修正します。次に手投げ等でノックを出してもらい、当てる練習をします。体に近い位置から順に遠い位置へノックを出してもらいます。また、徐々にシャトルのスピードを上げてもらいます。さらにパターン練習で実戦に近づけます。例えば 2対1の全面で、ロブ→後衛:スマッシュ→ショートレシーブ→前衛:ヘアピンのパターンを繰り返します。ナイス0
###左右の端に打たれたスマッシュに対して、自分は右足と左足のどちらを先に動かせば一歩でコートの端までラケットが届くかを知ることが大事です。そして、適切な利き足を決めたら、意識せずともその足から出れるようになるまでの練習ですナイス0
###バドミントン歴2年半のザコプレイヤーですが、参考になったらありがたいです!バドミントンのシャトルの構造ってご存知です?どんな球でも、空気抵抗(負の加速)で相手のコートに届く頃にはちょっとは遅くなってるんです!つまり、前で取るよりも後ろで取ったほうが取りやすい。構えはバックハンドグリップで、少し重心を落として左右どちらにも行けるように、ラケットは下げすぎるとだめなので軽く肘を曲げたくらいで。そしていつものレシーブ位置よりも1歩もしくは1歩半くらい下がってレシーブしてみてください。取りやすくなってるはずです。練習では、とにかくどんなスマッシュにも対応できるように左右のレシーブ、そして正面、あとは相手によっては体、もしくは返しにくい体のちかくも狙ってくるので上級者に頼んで返し辛いショットを打ってもらうとか。あと、壁打ちとか意外といいですよ!ナイス0

 

TAG