性転換のハンドボール選手について新聞記事が

Writer: admin Type: ゃべり、雑談 Date: 2018-12-13 00:00
性転換のハンドボール選手について新聞記事がありました。<189センチ、99キロ、性転換の元男子代表が女子で2度目世界選手権切符>「男子から女子へ-、オーストラリア代表のハンナ・マウンシー(29)が「2度目」の世界選手権切符を手にした。オーストラリアは5位決定戦でイランに30-24と快勝し、来年11月の世界選手権(熊本)出場権を獲得した。マウンシーが来年再び熊本のコートに立てば、15年性転換前の13年男子大会に続く男女での世界選手権出場。」性転換によって男で生まれながらも、女として出場が認められる世の中になりつつあるのかも知れませんが、そうなると社会主義とかの国が、男子の強豪選手チームを全員、性転換で「女」にすれば最強の女子チームとして国際大会で優勝できるのでは無いでしょうか?性転換で現在は女になったのだから、人権だからとかで女性選手としてスポーツ界で認められる世の中って、おかしな方向に向かってませんか?共感した1###工事の必要が無いようなのであと10年くらいして「羽生結弦選手」が落ちてきたら「実は」って言って女装して滑る。ペア・ダンスもおティンティン付いた選手が滑る。いかがでしょうか?こんなバラ色の世界!ナイス0
###選考として工事の必要ないので「実は・・俺(私)」の申請あればOKなんですよね。じゃあ、鹿島アントラーズや全日本男子そのままで「実は俺、心は女なんだ」と言い切れば、ナデシコを入れ替える事も可能。狂った世の中なのか?バラ色の世の中か?写真・・この五輪メダリストも「女」登録なんですよね。###おっしゃる通りです。これを認めたらダメ。女子に生まれた方が、性転換して、男子としてスポーツの試合に出場するのは問題ないが、逆はダメですよ。持って生まれた身体能力が男女で違いますから。ナイス0

 

TAG