今度、茶道のはじめてのお茶会で後見?をしま

Writer: admin Type: booksonline Date: 2019-03-06 00:00
今度、茶道のはじめてのお茶会で後見?をします。会記は一通り覚えたのですが、それをどのように説明するとか、順番とかがよくわかりません。どなたか知ってる方、回答よろしくお願いします。共感した0###「後見?」の意味が良く呑み込めませんが、お点前は他の方がなさるので、半東又は席主のお役目と推察致します。会記は先生又は他の方がお書きになったもので、体裁が整っていれば、それを席中にお回しする方法も考えられますが、お道具を口頭でご説明なさるのであれば、基本的には会記に記載された順で問題ないと存じます。薄茶席での記憶を基に簡単な説明事項の例を挙げてみました。(語尾や作者の表現は形式的につけたものです) 床(掛物) は 〇○筆 で □□□□です花 は ○○です花入 は ○○で ○○作です香合(床に飾ってあれば)は ○○で ○○塗 です風炉 は ○○風炉で ○○作です釜 は ○○釜 で ○○作です風炉先は ○○ で ○○作です棚 は ○○お好みの ○○棚 で ○○作 です水指 は ○○で ○○作です薄器 は ○○で ○○塗 です茶杓 は ○○作 で 銘は ○○ です茶碗 は ○○焼 で ○○作 です蓋置 は ○○ で ○○ 作です建水 は ○○ で ○○ 作ですお茶銘 は ○○ で ○○詰 ですお菓子 は ○○ で 銘は ○○、 ○○製 です お菓子器 は ○○ で ○○塗です*お菓子やお菓子器の説明は客がお菓子を取り回すタイミングに合わせるのが良いと思います。*お茶の説明は正客がお茶を召し上がるタイミングに、お茶碗の説明は正客がお茶碗を拝見なさるタイミングに合わせるのが良いと思います。*薄器とお茶杓の説明は、正客がそれらを拝見なさる時に合わせるのが良いと思います。*普通のお道具は製作者のお名前が最後になりますが、床の掛物はお書きになった方のお名前が最初に、竹の茶杓はお作りになった方(銘をお付けになった方)のお名前が最初に来るのが普通です。*花入れの説明は花の後に、お菓子器の説明はお菓子の後にするのが普通です。ナイス0
###詳しく回答してくださってありがとうございます!これを参考にして頑張りたいと思います。

 

TAG