算数の問題です。小6の子に分かるようによろし

Writer: admin Type: ゃべり、雑談 Date: 2018-12-13 00:00
算数の問題です。小6の子に分かるようによろしくお願いします。問題文ウサギとカメが、320m先にあるゴールに向かって、同じスタート地点を同時に出発した。分速40mで進んでいたウサギは途中で休けいをした。スタートしてからカメは進み続け、休けいをしていたウサギを追い抜いた。しばらくして、休けいを終えたウサギは、分速50mでゴールに向かった。そして、ウサギはスタート地点を出発してから40分後にカメと同時にゴールした。カメは常に一定の速さで進み、ウサギは休けいをする前もした後も、それぞれ一定の速さで進んだとき、次の問いに答えなさい。問いウサギは休けいをする前もした後も、少なくとも1分以上は進んだとしたとき、ウサギが休けいをしていた時間は、何分何秒以上、何分何秒以下か。答え32分15秒以上、33分24秒以下この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。###カメは全く関係しませんので、ウサギに関してのみ考えます。以下、休憩前を「前半」、休憩後を「後半」と記します。速度の遅い前半が「1分」しか無ければ休憩時間は最も長くなりますし、逆に速度が速い後半が「1分」しか無ければ、休憩時間は最も短くなります。その両ケースの休憩時間を算出すれば、それが答えとなります。●前半が1分のケース・前半で進む距離…分速40m×1分=40m・残り…320m-40m=280m・残りを進む所要時間…280m÷分速50m=5.6分・全部で40分なので、休憩時間は40分-1分-5.6分=33.4分=33分24秒 …※●後半が1分のケース後ろから遡って考えます。・後半で進む距離…分速50m×1分=50m・前半で進んだ距離…320m-50m=270m・前半を進む所要時間…270m÷分速40m=6.75分・全部で40分なので、休憩時間は40分-1分-6.75分=32.25分=32分15秒 …※※が答えなので、答え 32分15秒以上、33分24秒以下ナイス0
###とても分かりやすい説明ありがとうございました!!

 

TAG