CPUソケット(mPGA478B)の構造、及び、接続方式の詳

Writer: admin Type: ゃべり、雑談 Date: 2018-12-14 00:00
CPUソケット(mPGA478B)の構造、及び、接続方式の詳細を教えて下さい以下、ソケット478と呼びますこのソケットはソケット方式 ZIF (Zero Insertion Force) で、接続方式は、ピン接続 です。(参考) http://www16.plala.or.jp/pasoken/4tec/cpu_skt.html知りたいのは、本機のZIFの詳細構造 と どのようにマザボ側接点と導通を図ってるかの詳細です。できればポンチ絵でも良いですが、図解が欲しい//補足ピンの曲がったジャンクマザー買ってきた http://jisakutech.com/archives/2015/04/2269これは「"CPUソケット" 洗浄 ピン」で検索して偶然見つけたページです。ソケット型番は違います(LGA775で478ではない)が、当方の知りたい点に近いことが書いてます1)ソケットのフレーム上げたらグリスみたいな物もこびり付いてた 2)とりあえずLGA775のデータシート見てるhttps://www.intel.com/Assets/PDF/datasheet/310308.pdf42-43ページやはり、ソケット上側は外せるか、接点部分を確認することはできるのでしょうか?そして、2)で例示されるようなデータシートは478Bも存在するのでしょうか?//共感した0###mPGA478のZIF (Zero Insertion Force) socketに関するDesign Guidelinesが、こちらのPDF、"Intel Pentium 4 Processor 478-Pin Socket (mPGA478)"です。http://download.intel.com/design/Pentium4/guides/24989002.pdfなお、他の質問(https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q101942116...)の関連質問について、>1>BIOSが起動するかしないか、のテストでは最低接続しなければならないのは何でしょうか?BIOSを起動させるには、マザーボード、CPU(+CPUクーラー)、RAM、電源、ディスプレイ(グラフィックス・デバイス)、キーボードが最低必要ではないかと思います。>2.>マザボ接点 , ソケット478 , CPUピンはソケットレバーを倒したとき、引き上げたときどのような構造上の動きで、接点オン,オフを行ってるか、ご存知なら是非ご教示を。これについては、当方専門家ではないので、上記のPDFを読んでいただければ、と思います。ナイス0
###>mPGA478のZIF (Zero Insertion Force) socket>に関するDesign Guidelinesまさに本資料が正解でした。英文なので可能な,求めようとしたページから解釈してみますどのような検索でたどり着けたか、は興味あります。ありがとうございました。>BIOSを起動させるにはやはり、RAM(メインメモリ)が必要ですか。記述分 ー RAM + マウス だけでテストしてました(^^);F9=起動デバイス選択F10=BIOS内容の訂正F12=ネットワークブートというメッセージはRAMがなくても表示されると思ってましたマザボとの接続不良の可能性が高いですがRAM装着した状態でテストしてみます。PS)パソコンの「世代」としては放擲しても良いですが16年という長さに異様な愛着を感じてます(^^)//
###478の上部が外せるか否かは、ダミーに出来るM/Bが手に入った時に挑戦してみます。今回はありがとうございました。

 

TAG