今年のアカデミー賞でボヘミアン・ラプソディ

Writer: admin Type: booksonline Date: 2019-03-06 00:00
今年のアカデミー賞でボヘミアン・ラプソディが作品賞を獲れませんでしたが、何故なんですか?少なくともグリーンブックなんていうクソつまらない映画よりは明らかに作品賞に相応しかったのに共感した1###[録音・音響編集・編集]この辺を獲得したことが一番の評価でしょう。https://news.yahoo.co.jp/byline/saitohiroaki/20190226-00116216/昨年より視聴率が12%もアップ。日頃は映画に興味が薄いアメリカ人の注目も集めたってことかと。そこにも貢献していると思う。ナイス0
###ボヘミアン・ラプソディは、興行収入は大成功しているものの、作品自体の評価は高くはありませんでしたから笑。映画批評集計サイトのRotten Tomatoesでは、62%の支持率、平均評点6.1/10を記録。Metacriticには45件のレビューの加重平均値が49/100だったそうです。対するグリーンブックはRotten Tomatoesでは97%の支持評価を下し、また平均評価は7.6/10点でした。Metacriticには46件のレビューで72/100だったそうです。元々ボヘミアン・ラプソディの作品賞受賞は可能性が低く、ROMA/ローマ、グリーンブックの一騎打ち。大穴が女王陛下のお気に入りと言われていましたからね笑グリーンブックをご覧になられたならご存知とは思いますが笑ナイス0
###グリーンブック、日本でまだ公開されてないけどね。元々ボヘミアン・ラプソディはアカデミー賞向けの映画じゃないし、むしろ最多4部門受賞した事が驚きです。個人的には作品賞もとってほしかったですがね。最近のアカデミー賞は守りの体制だから、Netflix映画のローマと批評家からはボロクソだったけど観客の評価が高いボヘミアン・ラプソディを差し置いて一番無難なグリーンブックがとったんだなって感じでした。ナイス0
###『ボヘミアン・ラプソディー』は私も好きですが、映画作品としては凡庸な佳品で、大きな賞を得るほどに優れた作品ではありません。それから、日本人はアカデミー賞を国際的な賞だと勘違いしがちですが、あれはあくまでアメリカ国内の催しです。ですから授章には、その時のアメリカ人の感情や、政治事情の反映することがよくあります。『グリーンブック』は私もまだ見ていませんが、今のアメリカ人の中にある、人種によって分裂しない和解したアメリカを見たい、という希望が現れているのではないでしょうか。前回の『ムーンライト』の時にも、黒人の作家がこんなにも美しい作品を作れる国であるアメリカ、ということにホッとして、同時に誇りを感じた映画人が多かったのだという気がしました。ナイス0
###人種差別問題が影響しているアメリカなら当然の結果かと。クイーンは過去に、有色人種と白人の居住地を分けた隔離政策で問題を呼んだ南アフリカの白人限定娯楽施設サンシティでコンサートをした前科があって、未だにアメリカではその件が影響していると思う。それに完全チャリティーコンサートのライブエイドを勝手に商売に使ったのがまずかったと思います。ナイス0
###賞レース前半戦の酷評から、録音・音響・編集・主演男優賞受賞しただけで、充分な大逆転だと思いますよ。ナイス0

 

TAG